ソフトの紹介

地域密着型保険薬局のIT化を推進し、業務コストの軽減を図るためにRPPMANは19年前からフリーウェアソフト(無償で使用できるソフト)として、数々の機能を提供してきました。現在では最新のWindowsにも対応をしたソフトとなり、パソコンやプリンタ等の周辺機器への対応も大幅に改善され、市販されている多くのパソコンやプリンタ等で使用することが出来るようになりました。
東海四県の薬剤師会から推薦を受けているRPPMANの最新バージョン(バージョン3)は、2009年から開始されたオンライン請求にも対応をしたレセプト電算処理システムとなり、ご愛用者は全国的に広がりを見せています。
保険薬局で実務に関わる開局薬剤師達によって開発されている「オンライン請求対応レセプト電算処理システムRPPMAN」は、保険薬局のためのソフトです。
現在も保険請求部門を除く、全ての機能が無償のフリーソフトとしてご利用できます。

RPPMANの特長

  • ・見やすく、使いやすい操作画面
  • ・新規医薬品にも素早い対応
  • ・Windows 7、8.1、10対応 (32bit版/64bit版)
  • ・自分の好きなパソコンやプリンターで利用できる
  • ・オンライン請求電子レセプトに対応
    ※インターネット通信環境が必要です
  • ・専用掲示板での丁寧なサポート
  • ・領収書などの書式はカスタマイズ可能
  • ・ライセンスの制限が簡素

画面キャプチャーで見るRPPMAN機能紹介

費用について

NPO法人RPPの会員になれば、ソフトのすべての機能およびソフトのバージョンアップが無償で受けられます。

NPO法人RPPの入会費用

入会金5,000円・年会費20,000円(4月~翌年3月)

※オンライン請求を行うためのインターネット通信回線はご自身で契約ご用意ください。